MENU
MALVACEAE │ マルヴェセア
株式会社ミキ
400-0851
山梨県甲府市住吉1-4-7
055-225-4850
info@malvaceae.jp

GIAダイヤモンドSIクラリティの美しさ

 最高峰の宝石鑑定機関と言われるGIA。宝飾業界で流通している鑑定書はGIA以外の鑑定機関のものが圧倒的に数が多いです。理由はシンプルで鑑定基準が厳しく、値段が高く、発行までに時間がかかるためです。ですから業界に携わる人でもGIAの鑑定書の取り扱いが圧倒的に少ないのが現状です。

しかし、GIAのSI2、SI1をルーペでチェックし他の鑑定機関の同グレードのものと比べると改めてその美しさに魅せられ、これが本当のSIクラスなんだと再認識させられます。ここではマルヴェセアこだわりのGIAダイヤモンドについてと、その魅力をご紹介いたします。

MENU

GIAとは
 Gemological Institute of America

非営利団体であるがゆえの
完全公平な鑑別機関

 Gemological Institute of America 通称 GIAはダイヤモンド、カラーストーン、真珠など宝石の鑑別機関です。宝石・宝飾品の知識・基準、教育における主要な情報源となっています。

 GIAは自らの存在意義を「人々に宝石に関する理解を深めていただくこと」と定義する非営利機関です。だからこそ完全に公平で科学的なグレーディングを徹底しており、GIAのグレーディングダイヤは世界中の一流ブランドが採用する程の信頼を得ています。

ダイヤモンドの4C
 Color Clarity Carat Cut

GIAによって生み出された
グレーディングシステム

今では宝石に携わる人はもちろんのこと、ジュエリーが好きな人でも耳にするダイヤモンドの4C。カラー、クラリティ、カット、カラットによってダイヤモンドの価値を決めるこの基準を考案したのがGIAです。

  • 4Cにおけるカラーとは、無色透明のDから始まるダイヤモンドの色の基準を指します。
  • 4Cにおけるクラリティとは、インクルージョンの含有率を基準にしたダイヤモンドの透明度を指します。
  • 4Cにおけるカットとは、理想的なプロポーションのダイヤモンドとの角度の誤差範囲を指します。
  • 4Cにおけるカラットとは、1カラットを0.2gとしたダイヤモンドの重さを指します。   

クラリティグレードの
SI3は存在するのか?

 結論から申し上げるとSI3というグレードは存在しません。しかしラパポートというダイヤモンドの価格について参照している国際基準リストにはSI3というグレードが記載されていて、実際グレーディングされていないダイヤモンドを売買している現場ではしばしばSI3という言葉が登場します。確実にSI2とは言えないけれどそれに準ずるきれいなI1というニュアンスで使われることが多く、 それだけSI2とI1の間には幅広い差がある事の現れと言えます。

GIAダイヤモンド
 厳しいクラリティ基準

海外で買い付けを行うバイヤーはGIAダイヤモンドのI1クラスを必ずチェックします。何故ならGIAの厳しい基準ゆえに他の鑑定機関ではSI2クラスと判定されるダイヤモンドが含まれている可能性があるからです。

逆に、GIAダイヤモンドのSIクラスは積極的に買い付けを行いません。何故ならSIクラスの範囲が他の鑑定機関と比べ非常に狭く、同じSIクラスでもGIAは他の鑑別機関に比べ価格が高くなってしまうため、たとえ他の鑑別機関でVS2クラスと判定されたとしても価格差が少なくメリットが少ないからです。

宝石学の最も権威ある資格 
GIA・G.G Graduate Gemologist

GIA G.G Graduate Gemologist証書

 GIA GGとは、Gemological Institute of America Graduate Gemologistの略で、GIAによるダイヤモンドおよびカラーストーンの総合的な知識を身に着けるためのプログラムを行い、4C(カラー、クラリティ、カット、カラット重量)、インターナショナルダイヤモンドグレーディングシステム、カラーストーングレーディングシステムによる宝石鑑別のスキルを習得した証で、宝飾業界で最も権威のある資格のひとつとなっています。以前は東京にも教育部門がありましたが2019年に閉鎖しています。

 マルヴェセアではG.G監修のもと厳しい品質管理を行っています。

GIAダイヤモンドの刻印

本物の証
グレーディングナンバーレーザー刻印

GIAダイヤモンド刻印

GIAのダイヤモンドグレーディングレポートが発行されているダイヤモンドにはガードルにGIAの文字とレポート番号がレーザーによって刻印されています。10倍のルーペなどを使用すればはっきりと見えるサイズで、本物の証となります。

余談ですがクリスタルガラスの大手ブランド、Swarovski 社製のキュービックジルコニアのテーブル面にもレーザー刻印が施されていますので、興味のある方はぜひルーペで覗いてみてください。 

なぜGIAダイヤモンドの
SI1にこだわるのか?

誰もが納得いく品質を求めて

マルヴェセアで取り扱っているGIAダイヤモンドはすべてSI1クラスとなっております。価格の高いと言われるSI1クラスに何故こだわっているのか?それは購入していただいたお客様に満足をお届けしたいからです。

GIAダイヤモンドのSI2クラスも非常に綺麗ですが、稀にカーボン等のインクルージョンが肉眼で確認出来てしまうことがあります。なぜならSI2に内包されるインクルージョンは数こそ少ないのですが、中には比較的大きいのものが含まれる可能性があり、美しいかそうではないかは見る人の好み次第、主観に大きく左右されやすい場合があります。

そのため、マルヴェセアでは純粋に多くの人が美しいと思っていただけるSI1クラスのダイヤモンドにこだわっています。1クラス上の満足をマルヴェセアのGIA鑑定書付ダイヤモンドリンク・ネックレスで体感してみませんか?


 ジュエリーは人生でも大事なお買い物のひとつ。せっかくなら絶対の信頼と安心をもたらす、世界最高基準証のあるGIAダイヤモンド鑑定書のついた、ワンランク上の高品質なジュエリーはいかがでしょうか?

GIAダイヤモンドネックレス 鑑定書付

GIAダイヤモンドリング 鑑定書付

他のダイヤモンド商品

マルヴェセア 公式ストア

マルヴェセアでは、バイヤーが厳選した天然石と高品位の18金とプラチナを使い、山梨の職人技術で“本物のジュエリー”を生み出しています。
ジュエリーと共に、輝かしい日々を過ごせますように。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアお願いします
  • URLをコピーしました!
MENU