MENU
MALVACEAE │ マルヴェセア
株式会社ミキ
400-0851
山梨県甲府市住吉1-4-7
055-225-4850
info@malvaceae.jp

非加熱ピジョンブラッドルビーの魅力

“非加熱ピジョンブラッドルビー”とは加熱による色調整を行っていない希少な非加熱のルビーでありながら、最高級のカラーであるピジョンブラッドを有するルビーのことを言い、その希少性と輝きで多くの人を魅了している宝石の一つです。

ここではマルヴェセアが自信をもっておすすめする”非加熱ピジョンブラッドルビー”について紹介していきます。

MENU

「宝石の女王」ルビーとは

赤色が特徴的な
コランダムに属する宝石

ルビーとは、7月の誕生石にも選ばれている赤色が特徴的な宝石で「宝石の女王」と呼ばれています。

ダイヤモンドに次ぐ硬度を持つコランダムに属し、そのなかで赤色のものだけをルビーと呼び、その他の色はすべてサファイアとなります。ラテン語で赤色を意味する”Ruber”がその名の起源といわれていて、石言葉は「情熱・熱情・純愛・勇気・自由」、古くから魔除けやお守りとしても使われていました。

ルビーの年間産出量は世界中合わせても50万カラット程です。対してダイヤモンドの年間産出量は約1500万カラット、サファイアは約2000万カラットとルビーがいかに貴重なのかがよく分かります。その中でさらに一握りの綺麗な原石だけがジュエリーストーンへとカットされます

非加熱であることの希少性

 コランダムは高温で熱することで色が鮮やかになり、透明感が増します。そのため一般的に流通しているルビーの大半は加熱処理が施されています。

非加熱(ノーヒート)とは加熱処理をされていないものを指し、元々の色が鮮やかで透明感があり加熱処理をする必要のないまま流通する、言わばすっぴん美人なルビーです。原石からカットされたありのままの姿で市場に流通しているルビーは全体のたったの9%程しかなく、とても希少です。

最高級のカラー
”ピジョンブラッド”

ルビーの色は酸化クロムの含有率よって変化し、様々な呼び方が存在しています。
チェリーピンク:ピンクがかった淡い赤色。
ビーフブラッド:黒みを帯びた深い赤色。(牛の血のような色)
ピジョンブラッド:濃い赤で内側から真紅の光(テリ)が輝く赤色。(鳩の血のような色

ルビーのカラーの中で理想のカラーとされ価値の高いピジョンブラッド。鮮やかで情熱的な色合いから、鳩の血の色に例えられて「ピジョンブラッド(鳩の血)」という名前が付けられました。
ピジョンブラッドは一定以上の色の濃さによって認められるルビーであり、濃すぎても薄すぎても認められません。長い歴史の中でもピジョンブラッドカラーはその稀少性から神秘的なものとされ、世界中のジュエリーマーケットの中で重宝されてきました。

その中でカラーの改善の加熱処理がされていないのにもかかわらず、理想のカラーピジョンブラッドと認められる「非加熱・ピジョンブラッドルビー」。矛盾ともいえるまさに偶然の産物、雄大な自然の奇跡こそが最高級のルビーと言われる所以です。

非加熱ルビーの見分け方

宝石は、自然界で長い年月をかけてゆっくりと成長して結晶化する過程で他の物質とぶつかったり取り込んだりして成長していきます。その時に取り込まれた別の鉱物や液体、気体などの内包物のことをインクルージョンと言います。

一口にインクルージョンと言っても、宝石を覗くと肉眼でも見えるくらい大きいものから、ルーペなどでもなかなか見つからない小さいものまで、大きさは様々。肉眼で見えるほどに大きければ宝石の見た目も損なってしまいますし、透明度も下がり曇ってしまいます

非加熱ルビーに見られる「シルクインクルージョン」。これは細い針状インクルージョンが交差するように含まれ、まるで織物のように見えるものを指します。シルクインクルージョンは、ルビーが非加熱かどうか判断する際の基準の一つとされています。ですが、多すぎるとルビーが白っぽくなり、透明感が失われてしまいます

ジェムストーンに於いて、全く欠点のないものというのはほぼ存在しません。それこそが同じものは一つとない、世界に一つだけの天然石の証明になるのです。マルヴェセアでは、そういったインクルージョンがカラーに影響やクオリティを損ねない範囲でルースをひとつひとつ確認し、セレクトしています

なぜ希少なルビーがそろうのか?

海外買付の様子とそのメリット

日本国内にも多くルース業者さんは存在しますが、マルヴェセアは高品質なジェムストーンを常に求め、海外買い付けにこだわっています。自社での海外買い付けは、仕入れる私たちにも、買っていただくお客様にも、多くのメリットがあります。

海外買い付けで一番のメリットはマージンコストを削減できるため、よりお求めやすいお値段でお客様に商品を提供にできること。ルビーは日本では採れない宝石です。そして、非加熱ピジョンブラッドルビーともなると、ルビーの中でもほんの一握り。輸入している国内業者から仕入れるとその希少性から流通の過程でどんどん高価なものになってしまいます。マルヴェセアではそのマージン削減のため、バイヤーが海外に赴き非加熱ピジョンブラッドルビーを仕入れています。

また、品質へのこだわりも忘れてはいけません。経験豊富なジュエリーのプロが海外で実際にルースを見て選ぶということは、どこまでも品質にこだわって仕入ができるということ。国内に輸入された限られた選択肢の中から選ぶのではなく、流通の源の段階でたくさんのルースから直接選べるので、求める品質に合うルースのみを揃えることが可能になるのです。

こうして選び抜かれた美しいルースを使用して、マルヴェセアの看板商品である「非加熱ピジョンブラッドルビー」のジュエリーは出来上っていくのです

買い付けの現場

【タイ・バンコク】
ミャンマーやスリランカなどの産地が近く、優秀な研磨技術があることから世界中のジェムストーンが集まるタイ・バンコク。ルビーをメインとしてそのほか様々なジェムストーンを仕入れています。もちろん非加熱ピジョンブラッドルビーも海外から仕入れています

【買い付けの1日】

年間4回から6回のペースでタイへ飛び、数日間滞在します。
基本的に日が出ている時間しか仕入れはしません。夕日の下や人工的な光(電灯など)の下で選んでしまうと実際以上に綺麗に輝いて見えてしまうのです。次の日に改めて自然光の下で見てガッカリ、なんてこともよくあります。
なので日が出ている間はランチの時間も惜しんで、1日に何千ピースの中から厳選したクオリティのみをセレクトしていきます。眼と腕の疲れを本場の古式マッサージで癒してもらい、次の日もまた繰り返し。そんな日々であっという間に数日が過ぎてしまいます。

【大切にしていること】
綺麗なストーンを見極める眼、選別のスピードはもちろん大切です。毎日ひたすらルーペとピンセットを使ってルースを覗き込み、肌感覚で覚えていきます。自然とスピードも上がります。

「良いものを相場より高い値段で買う」のは誰にでも出来ますが、「良いものを相場より安い値段で買う」ことが求められる海外仕入れ。どのカラー、クオリティが人気なのか、市場相場がいくらなのか、頭に入っている情報をフル活用しながら、現地のブローカーと交渉を重ねます

マルヴェセアのバイヤーが海外買い付けで最も大切だと感じているのは、現地との「つながり」です。
お金をたくさん持って行き、扉を叩けば誰でも仕入れができるわけではありません。

長年にわたって足を運び、仕入れを定期的に続けコミュニケーションを取ることでお互いに信頼を作り上げていきます。そうすることで世界中のバイヤーの中でも優先して高品質のカラー、クオリティを提供してもらえるのです。

また、新たなジェムストーンや産地の状況、相場の変化など、現地のブローカーだけが持っている最新インフォメーションを聞くことで、より良いジュエリーのご提案につなげています。

本物の証明│AIGS鑑別書

マルヴェセアでは、「非加熱ピジョンブラッドルビー」という価値をさらに確かなものにするために、AIGSの鑑別書をすべての非加熱ピジョンブラッドルビー製品にお付けしています。鑑別書にしっかりと「非加熱」であることと、「ピジョンブラッド」ということが記載されていることで、お客様に安心して商品をお選びいただけます。

さらに、ただ「非加熱」で、「ピジョンブラッド」カラーの鑑別が付いていればいいということでもありません。熟練のバイヤーがしっかりと判断し、マルヴェセアの基準を満たした美しいルースのみを使用しています。

【AIGSラボラトリー】
日本のAGL加盟鑑別機関でのピジョンブラッドのカラーグレード表記は歴史が浅いため、タイで最も歴史ある宝石鑑別機関であるAIGSに依頼しています。AIGSはカラーストーンの鑑別に長け、ジュエリー業界では標準的に利用されています。タイの発展とともに成長を続けています

タイ・バンコクのジュエリータウン中心にあるAIGSラボは、タイムリーで正確なジュエリーレポートに定評があります。最新の高度な技術を備え、カラーストーン鑑別について公正な鑑定をする機関であるという点も、バイヤーからの大きな信頼に繋がっています。

非加熱ピジョンブラッドルビーAIGS鑑別書に記載されるNo indications of heatingとPigeon Blood"の文字

【ピジョンブラッド】
数多くのストーンサンプルを所持し、グレーダーがわずかな差異を見極めカラーグレードを決定しています。マルヴェセアではピジョンブラッドグレードの中でも暗すぎず美しく輝く「Red/Red-Pink/Pink-Red」の範囲のみを採用しています。

【非加熱検査】
加熱の有無を検査する機器にはFTIR(フーリエ変換型赤外光光度計)を用いて分子構造変化の履歴をグラフで可視化し判定をしています。このFTIRは日本のAGL加盟鑑別機関でも採用している信頼のおける機器です。

【トリートメント検査】
マイクロスコープによるトリートメントの有無の検査を行い、疑わしいものには更にEDXRF(蛍光X線分析)を用いて物質を構成している元素の種類と量を測定します。ルビーによくみられる含浸処理・ガラス充填処理・ベリリウム拡散処理についてもしっかりと検査を行い、トリートメントが行われている場合には〈minor1〉などが記載されます。記載のない場合は検査の結果何も処理は認められなかったということです。マルヴェセアではトリートメント(処理)のないクリーンなルビーのみを扱っております。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

ここまでご覧いただきありがとうございます。少しでもピジョンブラッドルビーの魅力を感じて頂ければ幸いです。

マルヴェセアではこだわり抜いた品質の非加熱ピジョンブラッドルビーを、数多くのデザインでご提案しておりますので、宜しければそちらもご覧ください。お客様がマルヴェセアの非加熱ピジョンブラッドルビーの世界へおこしくださるのをお待ちしております。

マルヴェセア 公式ストア

マルヴェセアでは、バイヤーが厳選した天然石と高品位の18金とプラチナを使い、山梨の職人技術で“本物のジュエリー”を生み出しています。
ジュエリーと共に、輝かしい日々を過ごせますように。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアお願いします
  • URLをコピーしました!
MENU